ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン エグゼクティブシェフ――ルカ・ファンティン

1979年、イタリア・トレヴィーゾ生まれ。料理専門学校を卒業後、ミラノの『クラッコ』、ローマの『グゥアルティエロ・マルケージズ・オステリア・デッロルソ』等で研鑽を積む。スペインの二ツ星レストラン『アケラッレ』、『ムガリッツ』でメイン料理を担当し、2006年にローマの名門『ラ ・ペルゴラ』の副料理長に就任。2009年12月、現職に就き、2011年から一ツ星を保持。2020年には“アジアのベストレストラン50”の17位に輝く。

ブルガリ
オクト フィニッシモ
●愛用歴/約2年
●使用頻度/毎日
●現在の価格/176万円
円形と四角形を組み合わせた印象的な八角形のフォルム。チタンならではの素材感が、デザインのクールさを増幅させる。

「シンプルでありながらアイコニックでエレガントなデザイン、そして、5.50mmというとても薄いケースならではのつけ心地のよさが気に入っています。また、ケースもブレスレットもチタンなので驚くほど軽いところもこの時計の魅力です」

マニュファクチュール〈ブルガリ〉のウォッチメイキングのフィロソフィーを体現する、オクト フィニッシモ。幅広いバリエーションを擁するアイコニックなコレクションの中でも、ルカがチョイスしたのはシンプルでスタイリッシュな3針のモデル。最大の特徴は、僅か2.23mmという世界最薄の自動巻きムーブメントBVL 138を搭載した極薄のケースで、まるで肌に吸いつくような装着感を約束する。

ジャンルを問わず、一流の料理人には腕時計にこだわる男が多い。自らの名前が冠された『ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン』を率いるルカも、その1人。彼の腕でさりげなく存在感を放つのは、世界最薄を誇る自動巻きムーブメントを搭載した、オクト フィニッシモ。入手して以来ほぼ毎日つけている相棒だ。
「この時計に出合う前も、オクトの異なるモデルを愛用していたのですが、毎日ではなく、特別な予定がある日のみ身につけていました」
ルカの、腕時計との付き合い方を、オクト フィニッシモが一変させた。エグゼクティブ シェフとしての仕事は多彩だ。調理するときこそこの腕時計を外すというが、それ以外はキッチンでもこの時計をつけている。
「これはとても軽く、とにかくつけ心地がいい。仕事場でも腕時計をつけるようになったのは、これがはじめてです」
いまや、ムーブメントを自社一貫生産できるマニュファクチュールとして、時計界でも確たるステイタスを築き上げた〈ブルガリ〉。ブルガリ時計コピー薄型ケースの、このオクト フィニッシモのほか、オクト ローマ、ブルガリ・ブルガリなど、多彩なコレクションを展開しているが、ルカは迷いなくこの時計を選んだという。
「装着感のよさだけでなく、シンプルでいながらエレガンスが漂うデザインにも大きな魅力を感じました。〈ブルガリ〉の時計やジュエリーのデザインは、おそらくみなさまもご存知のとおり、ローマの歴史や建築物からインスパイアされたものがほとんどです。オクトも、310年前後に建設されたマクセンティウスのバシリカからインスピレーションを得た八角形のデザインが特徴。自分自身イタリア出身ということもあり、自分のルーツである、イタリアの歴史的なものにインスピレーションを得たデザインには、とても興味が湧きました」
幼少の頃から、ローマ帝国の歴史を学校で詳しく教えられ、長じてローマで暮らすようになってからは、街のそこかしこに点在する遺跡にも足を運んでいたルカ。彼がオクト フィニッシモのローマン・デザインに惹きつけられたのは、ごく自然なことだったのだろう。
https://www.rasupakopi.com/
「とはいえ、13歳から料理の道に進んだ私には、ずっと時計をつける習慣がなかったんですね。だから、実は最初はどうしても、ずっと時計をしているとなんとなくぎこちなくて(笑)。今では笑い話ですけれど、この時計を手に入れて最初につけて友達に会いに行ったとき、無意識のうちに外して、そのまま店を出てしまったことがあったんです。でも、すぐに気づいた人が持って追いかけてきてくれて。イタリアでは考えられない! 日本は本当に素晴らしい国ですね(笑)」

その日からは、外では絶対に外さないと誓ったルカ。
「今では時計をつけていないほうが落ちつかなくなりました」
スマートフォンを見れば正確な時間を知ることができる。様々な機能を追求するなら、スマートウォッチという選択がある。しかしルカは、〈ブルガリ〉の哲学と洗練を宿すこの時計を身につけることによって、自分がイタリア人であることに、より強く誇りを感じると語る。
「ネックレスなどの装飾品は全くつけないので、この時計は私にとってアクセサリーでもあり、ファッションの一部でもあります」
それほど自らに“フィット”している〈ブルガリ〉のオクト フィニッシモ。そのタイムピース、そしてウォッチメイキングと、ルカが創作する料理とは、なにか共通点があるのだろうか?
「もちろん、時計と食とは全然違いますし、時計師と料理人、どちらも職人ではあるけれど、我々は表現者でもあらねばなりません。でも、もしもなにか共通点があるとしたら、美を追求しながらもあくまでもシンプルであることで
しょうか。私の盛りつけは、基本的にシンプル。あまりデコラティブなものは好まないので」
そう語った後、ルカは、大切なことを思い出したようにこう続けた。
「また、すべての製品をひとつの場所で一貫して作る“バーティカルプロダクション”ということも、この時計に惹かれた理由です。自分の作る料理も信頼している仕入れ先から、常にベストな素材を仕入れ、キッチンで素材から調理しています。そう、小さなラビオリひとつまでも。そういった意味では、〈ブルガリ〉の時計と私の料理は、同じ美学とフィロソフィーを宿していると言っていいでしょう」
次に欲しい時計も、もちろん〈ブルガリ〉だ。
「オクト ローマ ワールドタイマーという、24都市の時間がひと目でわかる時計。手に入れるためには、たくさん働かなければなりませんけれど(笑)」

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。