50年代のパイロットウィングブレスレットを再現】名作ミリタリーウオッチの復刻シリーズ、待望

ファッションはもちろん、時計の世界でも幅広いユーザーから支持を集めるミリタリーをルーツにもつプロダクト。モノ好きから支持を集める理由はいくつもあるが、大まかに整理すると二つのポイントを挙げることができるだろう。まず、ミリタリーならではの作りだ。

 時計に関して言うならば、過酷な環境での使用を想定した堅牢な作りに加えて、過酷な環境でも時刻を確認できる視認性の高いデザインを備えていることが魅力である。あくまでも時計としての機能を追求して生み出されたデザインなのだが、その無駄のないデザインは、流行に左右されないミリタリー独特の機能美を獲得している。

 また、軍用ならではの実用的なデザインに加えて、特殊なバックボーンを備えていることも見逃せないポイント。そのルーツを辿って行けば背景となる歴史が存在しており、そのデザインにもストーリーが存在している。ミリタリーをルーツにもつ時計は、デザインとヒストリーの両面で、普通の実用時計とは異なる魅力を備えているのだ。

 今回、注目した“M.R.M.W(モントルロロイミリタリーウォッチ)”は、そんなミリタリーウオッチの名作をベースに、魅力的なモデルを展開する日本の時計ブランド。

 1893年に創業した日本における最初期の時計コピーメーカー、“村松時計製作所(現エムアイシー)”のオリジナル時計製作部門として発足したモントルロロイ社のオリジナルブランドであり、1943年にアメリカ海軍特殊潜水部隊で使用されたブシップウオッチなど、名作を忠実に再現した復刻モデルを展開している注目のブランドだ。ここでは、ミリタリーの名店“中田商店”とのコラボで製作されたスペシャルモデルを紹介。その魅力を探っていこう。


M.R.M.W(モントルロロイミリタリーウォッチ)
TYPE A-17ヴィンテージ パイロットウィング

 1950年代に米陸軍航空隊が採用したパイロットナビゲーションウオッチ“TYPE A-17”の復刻版。12時間表示インデックスの内側に24時間表示インデックスを配置した意匠に加え、オレンジがかった茶色のインデックスで経年劣化した夜光を表現。当時の雰囲気を再現している。また、このモデルは老舗ミリタリーショップ、中田商店とのコラボレートにより、50年代の米軍陸軍航空隊-USAAFパイロットウィングストラップを忠実に復元。繊細かつ重厚な質感が目を引きつける。

https://sites.google.com/view/rasupakopi/


■SS(35mm径/純銀製ウィングブレスレット、布製ストラップ付属)。10気圧防水。クォーツ(スイス製)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。