パテック フィリップ、ロレックスなど。史上最高レベルに高額な時計2選

オークションで過去最高額を叩き出すような腕時計は、歴史の深さや知名度、希少性、そしてもちろん過熱した盛り上がりなど、数々の要素が混ざり合い、頂点の座に君臨する。近年このような腕時計が以前にも増してオークションに出品されるようになったように感じているなら、その直感は正しい。一品生産やセレブの愛用品など、希少性の高いコレクター向けの腕時計に巨額を投じるのもいとわない人々が増えてきたのだ。それでは、驚くべきブランドコピーrasupakopi.com価格で落札された5つの腕時計をチェックしていこう。

パテック フィリップ「ノーチラス 5711/1A-018」“ティファニーブルー”

スイスに残る数少ない創業家経営の腕時計ブランドであるパテック フィリップは、その伝統的な腕時計製造技術へのこだわりが多くの人から愛されており、決してトレンドを追い求めたり、熱狂に屈したりすることがない。

とはいえ、ノーチラス5711のこととなると話は別だ。このモデルは、需要が高くなりすぎてパテック フィリップが生産中止を決定したほどの人気を誇る。あのパテック フィリップでさえもノーチラス5711で得られた最後の栄光を味わうために、この生産終了モデルをオークションに出品するほどで、結果はもちろん驚異的だった。昨年開催されたフィリップスのオークションでは、初めて(そして今のところ唯一の)一般に販売されたティファニーブルー5711が、650万ドル以上の値を記録し、収益金はすべてザ・ネイチャー・コンサーバンシーに寄付された。ティファニーブルー5711はもっとも価値の高いパテック フィリップ製腕時計のひとつになり、世界で(群を抜いて)高価なノーチラスとなった。

ロレックス「コスモグラフ デイトナ/ポール・ニューマン」モデル

参考記事:https://ello.co/mytopkopi

ポール・ニューマンは、映画監督、またサンダンス映画祭の由来ともなった映画『明日に向って撃て!』の主演、自分の名前を冠したサルサソースで有名だが、熱心な腕時計ファンでもあった。生涯を通して彼が腕時計を身に着けている写真には、数種類のモデルが写っていたが、そのなかでも1968年に発売されたロレックス コスモグラフ デイトナは、珍しい黒と赤と白のダイアルが特徴的で、彼のシグネチャーともいうべき存在となった。

「ポール・ニューマン」ダイアルのついたデイトナは、ニューマンの娘が彼のデイトナを競売にかけた2017年にはすでにトレンドとなっていた。このデイトナは、有名人の所有品であったことと、希少性、そして白熱した人気により、オークションで競り落とされた腕時計のなかで当時最も高額な1780万ドルもの値が付けられた。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。