ロレックスの2022年新作腕時計、新世代「エアキング」ケース・ダイアル・ブレスレットを刷新

ロレックスの「エアキング」は、飛行機の性能が飛躍的な発展を遂げた1930年代、ロレックスが航空の世界と築いた特別な絆を象徴するモデルだ。1958年の発表以降はダイアルに「Air-King」の名が記され、2016年からは大きいサイズの3、6、9のアワーマーカーと、飛行時間の計測が可能なミニッツスケールを配したブラックのダイアルを備えている。ロレックスのブランドを象徴するカラーであるグリーンの秒針も特徴的だ。

リューズガードとサイドが直線的なケースデザイン
2022年、新たに発表された新世代の「エアキング」は、リューズガードとケースサイドが直線的な新デザインの40mmケースを備えている。ケースは、堅牢かつ防水性能に優れたオイスタースチール製。極めて耐傷性に優れるサファイアから製造されたクリスタルは、反射防止コーティングが施され、高い視認性を確保している。

“5”の表示を2桁に変更&発光素材で暗闇での視認性向上
ロレックス(ROLEX) エアキングコピーディスプレイも新しくなり、ミニッツスケールの5の前に“0”がプラスされることで、よりバランスの取れたデザインへと変更されている。これにより5分間隔の数字はすべて2桁で表示されるようになった。

さらに、クラマライト ディスプレイが採用され、暗闇での視認性も向上。針と12時位置の三角形のアワーマーカーは、光の明るさがより持続する発光素材でコーティングされている。新モデルでは18ctホワイトゴールドの象徴的な3、6、9の数字にも、この革新的な素材が使用されたことで、暗闇での視認性が向上した。また、秒針にはロレックスを象徴するカラーであるグリーンが引き続き採用されている。

3列リンクのブレスレットもアップデート
ロレックス(ROLEX) エアキング|写真4
1930年代末に開発された、手首にフィットする3列リンクのオイスターブレスレット。優れた堅牢性を発揮するこのブレスレットは、オイスター パーペチュアル コレクションで最も広く採用されているが、新モデルではバランスが見直され、特にセンターリンクの幅が広くなった。

また、ブレスレットが誤って開くことを防止する、セーフティキャッチ付オイスターロッククラスプを「エアキング」で初搭載。イージーリンク(エクステンションリンク)も備えられており、ブレスレットの長さを簡単に約5mm延長することが可能だ。

ロレックス(ROLEX) エアキング|写真2
精度・信頼性に優れる「キャリバー3230」搭載
ムーブメントは2020年に発表された「キャリバー3230」を搭載。時計製造技術の最先端を行くこの機械式自動巻ムーブメントは、精度、耐衝撃性、耐磁性、利便性、信頼性のすべてにおいて際立った性能を発揮する。なお、高いエネルギー効率と信頼性を両立させる、特許を取得したクロナジー エスケープメントによって、パワーリザーブは約70時間まで延長されている。

すべてのロレックス ウォッチと同様に「オイスター パーペチュアル エアキング」は、高精度クロノメーター認定で、手首着用時に優れた性能を発揮する。

【詳細】
オイスター パーペチュアル エアキング(Ref.126900)
発売時期:未定
<主な仕様>
ケース:オイスター(モノブロックミドルケース、スクリュー式バックケース、リューズ)
ムーブメント:キャリバー 3230、ロレックス激安による完全自社製造、両方向自動巻パーペチュアルローター搭載の機械式ムーブメント
ダイアル:ブラックラッカー、 3・6・9 は 18 ct ホワイトゴールド、視認性の高いクマライト(ブルーの長時間継続のルミネッセンス)、ミニッツスケールはホワイトのトランスファー、12時位置の三角形のアワーマーカーは18 ct ホワイトゴールド、視認性の高いクロマライト(ブルーの長時間継続のルミネッセンス)、18 ct ホワイトゴールドの針、グリーンラッカーの秒針、視認性の高いクロマライト(ブルーの長時間継続のルミネッセンス)
ブレスレット:オイスター(3列リンク)、オイスタースチール、サテン仕上げ、エッジはポリッシュ仕上げ、セーフティキャッチ付オイスターロッククラスプ、イージーリンク(約5mmのエクステンションリンク)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。